適所適獲のねっとりながいも及びほくほくかぼちゃ、子どもピーマン、ミディトマト、幻の玉ねぎを取り扱うサイトです
ホーム商品案内 › ねっとりながいも
海藻由来の天然ミネラルたっぷりの有機肥料と、ヤマセ(オホーツク高気圧)が運ぶ冷たい風に、じっくり、ゆっくり育てられます。秋に蓄えられた養分は冬の雪の下で糖化されて、甘味を倍化します。ねばりが強く変色性も少ないので、あらゆる調理法に適しています。
栽培地域:青森県 上北郡
商品名:「ねっとりながいも」
品種名:「トロフィー1066(R)」
ねっとりまろやか ねっとりながいも
従来の長芋と比べ直径が太く、首部の長さと芋の長さが特に短い徳利型(ビールの中瓶によく例えられます)。
肉質は純白で適度な粘りがあります。
一般的な長いもより甘味が強いことから幅広い料理の用途があります。

有機的な安全な肥料と、土壌の検査によるミネラルの補給、極限まで農薬を押さえた健康な栽培をすることによって安定した食味をひきだせます。
その適度な粘りから特にお好み焼きに最適で、たくさんの専門店で利用されております。

細胞が緻密であることから、煮物料理等にもたくさん使われており、トン汁等汁料理では、そのさっぱりとした食感が里芋よりも珍重されております。
大和芋(イチョウ芋)と一般長いもの中間様の粘りのため、すりおろしたままご飯に載せ、おしょうゆを好みでかけると、かんたん麦トロご飯を味わうことが出来ます。

機能的な特徴としましてはミネラル分が非常に多く、特に味覚障害の予防によいとされる亜鉛分は従来の長いもの約2倍も含まれております。消化促進、疲労回復、滋養強壮によいとされる、アミラーゼやカタラーゼ、ジアスターゼ等の酵素がたくさん含まれております。
生産者からのメッセージ


青森県東北町 本間さん
JAゆうき青森トロフィ生産部会 本間氏

全国一のながいも生産地、青森県。その中でもJAゆうき青森は県内一の生産量を誇っています。春と秋に収穫されるながいもは、厳しい品質・規格のチェックを行ったあと、一年を通して全国へ向けて出荷されています。

私たちが作っている長いもは、粘りと甘みが特徴です。
その理由は、上北町特有の黒土にあります。
黒土は砂地と違い、重たく引き締まっているので、この土で育った長いもは苦労して成長します。
その結果、甘みがあり、粘りが強い長いもができるわけです。

青森県の気候と土はながいもの栽培に適していて、品質では他の産地に負けません。
太くてまっしろで、粘りけがあるながいも。とっても体にいい食べ物なので、ぜひ皆さんに食べてほしいです。


ながいも生産関係者の皆さん


研修中の皆さん


収穫風景
ながいも料理レシピ ねっとり一番
ねっとりながいも
子どもピーマン
ミディトマト
一球入魂かぼちゃ
金剛くん
馬鈴薯革命メークイン