適所適獲のねっとりながいも及びほくほくかぼちゃ、子どもピーマン、ミディトマト、幻の玉ねぎを取り扱うサイトです
ホーム › 土・肥料
土・肥料
土壌の3要素
土壌には物理性・生物性・化学性の3要素があります。この3要素のバランスがとれていることが良い野菜を作る上で必須となります。
 ・物理性は水はけのよさや土の粒子の状態(単粒、団粒)を表します。
 ・生物性は土壌中の微生物の状況を表します。
 ・化学性は主にpHを表します。

これら3要素は作付を行なうごとに影響を受け刻々と変化していきます。
日本は火山国であるため土壌のpH値はただでさえ酸性に変化していく傾向があり、使用した肥料の残留も化学性に影響を与えます。単一の農作物の連作は生物性に影響を与えます。また、生物性のバランスの変化は物理性へ影響します。 土壌のpHの乱れはリンの吸収に影響を与え、生物性の偏りは病気や害虫の発生を招きます。害虫対応の為の農薬散布は結果として土壌の物理性を悪化させます。

上記3要素をバランスの取れた状態に保つ為には土壌の状態を把握し適切な対処を取ることが必要です。
健康な土壌を維持することにより健康な作物を育てる事がコストの削減と効率的な生産につながります。
グリーン情報ネットワークの土壌に対する取り組み
土壌分析から、圃場に合わせた肥料設計を各地域担当の指導者がサポートします。
海藻を母体とした肥料及び土改材を主に使用し、不足成分のみ化学肥料を組み合わせて使用する合理的栽培を行なっています。
 ・肥料 : 海藻・米糖・大豆粕・木灰等を微生物で発酵させたもの(ぼかし)を使用
 ・土改材 : 珪藻土と海藻を主原料に微生物で発酵させたものを土壌クリーニングに使用

微生物が効率よく肥料を分解し作物が吸収しやすくなるため、化学肥料・農薬は通常栽培の30%以下で済みます。また、土にやさしくミネラル分をたくさん含んだボカシ肥料を使用しているため、栄養の片寄りも少なく、健康な野菜に育ちます。
基本は土つくりであることを再確認し、土壌の改良に取り組んでいます。
ながいもの施肥設計例 (減化学肥料栽培)
ながいもは土の中深く伸びるので、耕土が深く、排水が良いことが適しています。
一般的には、砂土又は火山灰土などの土は形状が良く、平いもが少ないのに対して粘土の多い土では曲がったりした芋が多いと言われています。
圃場所在地青森県上北郡管内地域
施肥設計(元肥) 10a 当り堆比 2000k を目安に全面散布し、有機体肥料の「海物語」、「キングシェル」、
「グアノ燐酸」を使用、不足の肥料分はCDU化成にて補填する。
土壌改良土壌の改良には、「大地物語」を反当150k全面散布
(大地物語:珪藻土と海藻・米ぬかなどを微生物で発酵させたもの)
食味改善食味の改善の為、ミネラル肥料使用。ボカシ肥料「海物語」を反当300kg 全面散布。
(海物語:海藻・木炭・大豆粕、その他を微生物発酵させたもの)
追肥7月中旬、8月中旬

海物語

キングシェル

グアノ燐酸

大地物語
ねっとり一番料理レシピ かぼちゃ料理レシピ ながいも料理レシピ 野菜ダイエット
会社概要